相続・遺言書:ショッピング案内


Q.121
不動産相続について、つづきの質問です。不動産を兄弟などと分配して相続するときに...

不動産相続について、つづきの質問です。不動産を兄弟などと分配して相続するときに、相続税を現金で調達できずに不動産で物納する場合、不動産をまるまる相続しないのにどうやって物納するのでしょうか?


A.121
不動産相続について、つづきの質問です。不動産を兄弟などと分配して相続するときに のベストアンサー

あまり言っている意味がよく判りませんが、不動産を何筆も持っていて、相続税の現金がないということでしょうか?今は物納は少ないので、不動産を売って現金化して相続税を納めるのが一般的です。地主と呼ばれる人も多くは、土地の資産が沢山あり現金はそれほど持っていない人が多いので相続で何億も払わないといけない人は皆土地を売っています。家賃収入とかがあれば売らずに銀行から借入をして家賃から返済している人もいます。土地を売っても払えないような相続税はかかってきません。相続税は亡くなった人の資産によってかかってきますので、相続する人で相談して相続税を払い遺産分けをします。補足読みました。長男は自宅に住んで売る気なし、って当然だと思います。他に財産はどれぐらいありますか?お住まいの地域が田舎か都会にもよりますが、簡単に言うと、控除もあるので資産が一億以下なら相続税はあまりかかりません。 自宅しかなければ、相続税の心配はあまり要らないでしょう。遺産分けは、平等ですが自宅しかない場合、売って現金化して分けるとなるともめると思います。家を相続したら、お金は他の兄弟にとか、誰が親の面倒を看てきたのか、とか法律では片付かないようなことが沢山あります。 土地は路線化で調べれます。税務署のHPに載ってるので、価格に3,3かけると坪いくらになります。



   

Q.122
親の資産ですが時価4600万のマンションを家賃17万で貸しています。必要経費を...

親の資産ですが時価4600万のマンションを家賃17万で貸しています。必要経費を引くと12万が所得になります。相続税のことを考えなければ売却して金融資産にしたいところです。もし現金化できたらどのような割合で金融資産を購入しますか?


A.122
親の資産ですが時価4600万のマンションを家賃17万で貸しています。必要経費を のベストアンサー

以下のサイトをご活用ください。→



   souzoku_yuigonshobinder.jpg


Q.123
住宅を新築する場合、2011年は1000万迄は贈与を認められるそうですが、高齢の祖...

住宅を新築する場合、2011年は1000万迄は贈与を認められるそうですが、高齢の祖父85歳が家を造る孫に300万贈与したいと言ってくれました。不謹慎な話になりますが、もし贈与後1年くらいで、祖父が亡くなり祖父に相続税が発生した場合、生前3年間は贈与は認められないと確か記憶していたのですが、こういった場合やはり認められませんか。


A.123
住宅を新築する場合、2011年は1000万迄は贈与を認められるそうですが、高齢の祖 のベストアンサー

孫が法定相続人であれば(つまり祖父と養子縁組とかをしていれば)戻し入れがあります。そうでなければ法定相続人への贈与に限って3年以内の戻し入れとなるので、孫への贈与は戻し入れする必要がありません。



 
 

Q.124
相続税の基礎控除以外の控除について相続税に基礎控除がありますが、それ以外に控除...

相続税の基礎控除以外の控除について相続税に基礎控除がありますが、それ以外に控除できるものはあるのでしょうか。故人の生前の入院費等は該当するのでしょうか。


A.124
相続税の基礎控除以外の控除について相続税に基礎控除がありますが、それ以外に控除 のベストアンサー

基礎控除以外で、一般的なものは、被相続人(故人)が死亡した時にあった債務と葬儀費用および非課税財産です。未払いの被相続人の債務で確実なものは債務として差し引くことができます。また、準確定申告などで、相続人が代わって支払うことになる被相続人の所得税なども差し引くことができます。葬儀費用は債務ではありませんが、同様に差し引くことができます。但し、香典返しや墓地や墓石の取得費用やその後の法事(初7日や49日の法要)などは認められないようです。さらに、国や地方の公共団体などに寄付した被相続人の財産は非課税財産として差し引くことができます。後は、算出された各相続人の税額から、差し引くことのできる控除や軽減があります。主な控除としては、暦年課税分の贈与税額控除、未成年者控除、障害者控除、配偶者の税額軽減や相続時清算課税の贈与税相当分の控除、などがあります。なお、相続時清算課税の贈与税相当分については、差し引いた後、税額がマイナスになった場合は還付が受けられます。



   

Q.125
相続税基礎控除引下げ案はどうなりましたか?...

相続税基礎控除引下げ案はどうなりましたか?


A.125
相続税基礎控除引下げ案はどうなりましたか? のベストアンサー

未だ相続税増税の法案は可決されていません。相続税の控除も今までのままで変更は未だ有りません。



   


トップページ




Copyright(C)相続・遺言書:ショッピング案内

女の子お絵かき掲示板ナスカiPhone修理池袋 ブラジリアンワックス